FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。なるべく写真を多用しようと思います。

温泉とPCXとV-STROM250とスキーのある生活

PCXで箱根旧街道を登ってみた

箱根旧道をPCX(慣らし運転中)で登ってみました。

三枚橋から畑宿までの動画です。
箱根登坂、特に旧道を登ったことのない方向けにコメントを付けました



ちなみに、PCXで箱根路を登りましたが何の不満もなくすいすい登りました
これで燃費が50キロを下回らないのは驚異的ですよね。

関連記事
スポンサーサイト



  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

糖質制限中の食事について(ウインナーなどの加工肉食品に関して)


糖質制限中は糖質を制限するのであってカロリーは制限しないというルールです。
そして、糖質の少ないものには肉類が入っています。
つまりは肉は食べ放題!
でも加工肉には要注意という話があります。
ハムなどの加工肉には増量剤等で肉以外のものが入っていて、それが糖質を多く含むものが多いということらしいのです。
では、例えば、私の好きなウインナーとかはどうでしょうか?
ウインナーなんてものは加工肉食品の代表格のようなものですから、イメージ的には糖質いっぱいというイメージがあります。

そこで、調べてみました。
100gあたり
【カロリー】321キロカロリー
【タンパク質】13.2グラム
【脂質】28.5グラム
【炭水化物】3グラム
【食物繊維】0グラム
これは本当にウインナー?
そうです、確かにウインナーです。
意外と少ないですよね。
でも、これは、やはり商品によるようです。
日本ハムのホームページをみると商品別の成分表が載っていました。
例えば、

あらびきジューシーステーキ
100gあたり
カロリー 260キロカロリー
たんぱく質 11.9グラム
脂質 20.3グラム
炭水化物 7.4グラム
となっており、先ほどの標準成分表に比べてカロリーは少なくできていますが、その反面で糖質である「炭水化物」の量は2倍以上となっています。

逆に、
つるしベーコン
100gあたり
カロリー 179キロカロリー
たんぱく質 17.7グラム
脂質 10.5グラム
炭水化物 3.4グラム
となっていて、意外とベーコンは糖質が少ない食品であることがわかります。

有名どころでは、
シャウエッセン 
100gあたり
カロリー 311キロカロリー
たんぱく質 12.1グラム
脂質 27.8グラム
炭水化物 3.0グラム
ということでかなり少ない!

中には
ヘルシーキッチン ZERO Plus 糖質0あらびきウインナー
1パック(81g)あたり
カロリー 271キロカロリー
たんぱく質 9.9グラム
脂質 25.6グラム
炭水化物 0.0グラム!!!!!!
なんてのもありますから、買う商品を誤らなければ、加工肉食品もすべてダメなわけではなさそうです。
自分的にはうれしい!


参考ホームページ(日本ハム)
http://www.nipponham.co.jp/products/ingredients_list/









関連記事
  1. 糖質制限ダイエット
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

糖質制限

ライザップという名前を聞くようになってもう何年でしょうか?

ぶっぶっぶっぶっ・・・・チャランチャチャララ~♪

というCMも最近は減ってきましたが、やはり有名人のダイエットのビフォーアフターが出てきて結構インパクトがありますよね

自分はバイクで追突されてけがをしてから少し運動と離れてしまい、ここ3か月で2kg増と、体重が増えつつあります。
自分では特に食事が増えたとかは思い当たらないので、結局は運動量が減って、消費カロリーが減ったため、その分が体重増加につながっているのではないかと思います。

と言って、怪我の具合も完璧になるのにはまだ少し時間がかかりそうなので、先般、今まで通っていた運動ジムを退会してきました。
行きもしないのに月額1万2千円近く払い続けるほど裕福じゃないいので・・・。

と言ってこのままでは体重激増への道のりまっしぐらですよね。
そこで、ライザップの仕組みを研究して自分でもやってみようと思いました。
いろいろ調べてみるとライザップの仕組みは以下の2点が肝でこれ以上もこれ以下もないようです。
(1)糖質制限による食事
(2)運動による消費カロリーアップと筋肉量の維持増加

自分的には(2)の運動部分は怪我の影響で大してできそうにないので、(1)の糖質制限について少し研究して実践してみようと思います。

糖質制限をするとなぜ痩せるのか?これを調べてみると、結局はインスリンとの関係が出てきます。
インスリンという言葉をネットで調べると、wikipediaには以下のような記述があります。

インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。
生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。
インスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンである。血糖値を低下させるため、糖尿病の治療にも用いられている。逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。
従前は「インシュリン」という表記が医学や生物学などの専門分野でも正式なものとして採用されていたが、2006年現在はこれらの専門分野においては「インスリン」という表記が用いられている。一般にはインスリンとインシュリンの両方の表記がともに頻用されている。

いやはや小難しいことが書いてありますが、要は、「糖質をとるとインスリンが体内で分泌され、その結果、脂肪が蓄積されやすくなる」とでも理解しておけば良いということです。

逆に言えば「糖質」を摂取しないとインスリンの分泌も制限され、効率的に脂肪が消費されて体重が減る方向に作用する、とも言えますよね。

では「糖質制限」をするためにはどんな食事が良いのか、これもネットでいろいろと調べてみました。

糖質が少ないOK食品
肉類、魚介類、卵、大豆食品、葉物野菜、海藻類、キノコ類、乳製品、蒸留酒(焼酎、ウイスキー等)、糖質ゼロのビールやジュース
1 葉物野菜全般
2 鳥ささみ
3 豚フィレ肉
4 焼き魚
5 納豆
6 卵
7 豆腐
8 カッテージチーズ (チーズは比較的糖質が少ない食品)
9 生ハム
10 ゼロカロリーゼリー
11 無糖ヨーグルト
12 あたりめ
13 コカコーラゼロ
14 ブラックコーヒー
15 ブロッコリー
16 パセリ
17 ピーマン
18 海藻類
19 きのこ類
20 寒天(血糖値の上昇を抑える働きあり)
21 人工甘味料を使用したジュースはOK
22 寒天ゼリー
23 ゆで卵
24 チーズ
25 ナッツ類

・糖質が多いNG食品
ご飯、パン、麺類、シリアル、砂糖、根菜類の野菜、フルーツ、お菓子、ジュース、醸造酒(ビール、日本酒、ワイン等)
1 ハム
2 ソーセージ
3 かまぼこ
4 ちくわ
5 米
6 パン
7 麺類
8 イモ
9 大根
10 にんじん
11 フルーツ
12 トマト
13 牛乳・ヨーグルト
14 かぼちゃ
15 れんこん
16 野菜ジュース

意外なのは、肉はよくてもソーセージやハムはNGだという点。
これは、加工時に糖質が増量剤等で添加されているからだそうです。同じ理由でかまぼこやちくわもNGになっています。

今までのダイエット方法ではカロリー主体の食事制限であって、ダイエット中はおなかが減るのが当たり前でしたが、この「糖質制限」は全然そのようなことがないそうです。

要は、カロリーを気にするのではなく糖質を気にするダイエットなのです。
つまり、糖質が含まれていなければ何をどれくらい食べても、極端は話、OKという理屈です。
もちろん、ビタミンやアミノ酸など、必須のものはとるべきですし、食塩の取りすぎなどはもってのほかです。
この辺りを勘案して食事をとるように心がければ一応ダイエットができる(らしい)ということがわかりました。
でも、自分はお米やパスタ、麺類が大好きなんですよね。
これを食べないとやはり物足りないんじゃないかなと、今から考えてしまいます。
でも肉や野菜などはある意味「食べ放題!」だからなんとかなるかな、とも思います。
とりあえずはお米、パスタ、麺類OFFの生活を1週間やってみたいと思います。

この糖質制限ダイエットの様子はまたこのブログ内で報告したいと思います。

あとは、毎日体重を測るという習慣をつくらないといけませんね。
関連記事
  1. 糖質制限ダイエット
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

相鉄線先頭車両からの景色

相鉄線先頭車両からの動画を撮影してみました
西横浜~平沼橋~横浜です

横浜駅が終点なのでこれ以上進んだら駄目だよっていうレールの終端が見られます

こういう景色はどの駅でも見られるわけではないからちょっと撮影してみました


関連記事
  1. 日記・つぶやき
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

湘南平からの夜景

湘南平までのぷちツーリングに行きました
何年ぶりだろう

昔、行った時よりも何か施設ができてきれいになってました

昔は電波塔だけでしたが今は展望台みたいな建物がありました



湘南平までの道は一部暗くて細いコーナーがありましたが、pcxのヘッドライトは一部LEDで光が拡散しないのでコーナーが見えにくい時がありました
この点は何か工夫の余地がありそうです




写真は似たりよったりになってますが実際の景色は素晴らしいです
当日は非常に暑い日でしたが湘南平の頂上は海からの心地よい風が吹いていました

唯一の不満はやたらめったらカップルが多かったっていう点くらいでしょうかね




関連記事
  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ヤビツ峠に慣らし運転がてら行ってきました

PCXでヤビツ峠を越えてきました。
海側から登って宮ケ瀬湖方面に下りました。
動画は2倍速ですが、余計なBGMとかつけずに、極力ノーカットでつないでいます。
ヤビツ峠にバイクで行ったことのない方向けに参考になる動画をと思いアップします。
途中、対向車が来るとドキッとするような狭い個所などもありますので、もし行かれる方がいらっしゃれば参考にしていただけると幸いです。


燃費はこのヤビツ峠越えのあと、道志みち~山中湖~246経由で小田原に抜けてその後134号線を東に移動して横須賀まで約300km走って約55km/L弱でした。
すごいですよね。
ハイブリッドカーなんかでも勝負になりません。

関連記事
  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

PCXでツーリング

慣らし運転がてらツーリング第二弾に行ってきました




燃費は乗るたびに良くなってきます
今回は風防をつけたので空力がよくなったからかもしれません



なんと!
55キロ近く走ってます


関連記事
  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

エルマシステム バッテリー寿命延命装置 のびー太12 NN-12

うちの車は新車で購入して5年半立ちますが、未だにバッテリーの交換をしていません。
というのも車がハイブリッド車なので、通常の12Vのバッテリーはいわゆる補機バッテリーという扱いで、メインバッテリーが別についていることから補機バッテリーへの負荷が通常の車に比べて少ないということもあります。
メインバッテリーは10年無交換でも問題なしとのことなのであまり気にしてはいないのですが、補機バッテリーのほうは、やはりそれなりに気にしていないと、バッテリーあがりになる方もいるようです。
私の車には電圧計が追加されていて、常時車に乗っているときはで夏の監視ができりようにしてあるのですが、ハイブリッド車の場合は、ハイブリッドシステムが立ち上がると、メインバッテリーから電圧供給がなされて、常時14.5V近辺で安定化するので、本来的な補機バッテリーの電圧がわかりにくくなっています。
唯一確認できるのが、メインスイッチを押して、ハイブリッドシステムが立ち上がる過程の本の数秒だけは補機バッテリーの本来の電圧が示させるので、この数秒での数値を毎回気にしています。
新車購入時はこのハイブリッドシステム立ち上がり時の電圧計の数値は12.3V近辺だったのですが、最近は11.8V近辺を指し示すことが多くなりました。
この補機バッテリーは通常の車ではエンジンクランキングのため大電力を供給する必要があり、11V台になるとクランキングがキツクなってきていわゆる「バッテリー上がり」の状態になるのですが、ハイブリッド車の場合は、この補機バッテリーではエンジンクランキングをすることはなく、もっぱらハイブリッドシステムの立ち上がりと維持に使われているようですので、それほどの大電力を必要としません。
聞くところでは、補機バッテリーの電圧が最低限10Vを切るくらいまではハイブリッドシステムは通常通り立ち上がるみたいですので、かなり弱ったバッテリーでも使用に耐えられるようです。
しかし、そこまで弱ったバッテリーはいつ突然使えなくなるかはわかりませんから、そこまで使用する勇気はないです。
そこで、バッテリーの交換ということを考えるのですが、ハイブリッド用のバッテリーは非常に高いです。
うちの車についているのが55D23Lという大きさのバッテリーですが通常なら2万円くらいもディーラーに出せば買えるはずですが、ハイブリッド用のこのサイズのバッテリーの場合はその2倍から3倍の費用を請求されます。そこで、自分でバッテリーを交換しようと様々調べてみました。AMAZONで見ると、純正のバッテリーが約2万円、純正以外で装着可能ないわゆるドライバッテリーが同じくらいの2万円~2万5千円でした。
そこで、このバッテリーの中から選んで付け替えようかなとも思って値段をさらに調べていくうちに、バッテリーの中には再生バッテリーというものがあることがわかりました。
再生バッテリーというのは簡単に言うと、私のようにバッテリーがへたっているからと交換した元のバッテリーを何らかの手段で新品同様に再生したバッテリーというものです。
そこでさらに調べてみると、バッテリーの再生には「パルス充電」という方法があり、これにより新品同様まで回復させることができるということでした。
何かマユツバな気がしたのですが、これについては実際に再生したバッテリーを販売していることや、再生のためのパルス充電器の装置も特許取得されていること、そして何よりもAMAZON等での体験者の声を読むと「本当に効果がありそうだ」と思わせるものがたくさんあったのです。
実はこのような怪しいグッズをつけるのが「好き」な面がもともとあり、ちょっと試してみたくなってしまったのでした。
製品名は表題にあるようにエルマシステム社のバッテリー寿命延命装置「のびー太12」というものです。
ダウンロード

名前からしてなにか怪しい気がしませんか?
正直効果のありそうな名前ではありませんよね。
こんなもの本当に買ってつける人がいるのか?なんて思ってましたが、買ってつけた人がたくさんいること、リピーターもたくさんいること、実際につけたことでバッテリーを7年も8年も使用し続けている人がいることなどがわかり、正直もう試してみたくて仕方がなくなりました(笑)
ちょうど、amazonのポイントがあったのでそれで変える範囲だったことから思わずポチッとしちゃいました。
取り付けは簡単です。
ハイブリッド車の場合、補機バッテリーはエンジンルームではなく車室内にありますが、これを探し出してバッテリーにつなぐだけ。
装置の赤い線をバッテリーのプラス側に、黒い線をマイナス側につけてそれで終了。取り付け時間は5分程度です。
さてさて、効果のほどはどれくらいあるのか?
後日の状況は今後定期的に(?)このブログ上で報告いたしますのでご期待ください!
関連記事
  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

リード125からPCXに乗り換えました

リード125は良いバイクです。
ずっと乗っていたかったのですが、先般追突されてしまい、あちこちに傷が???
この際乗り換えたほうが良いだろうと言うことになり、結局乗り換えることにしました。

で、何にするかですが、今度はオーソドックスなスクーターではないものをと考えて候補が2車種。
PCX125とNMAX125。

一応色々と調べて見ると、どちらも甲乙つけがたい。
結局は好みで選びました。

若干、PCXのスタイルのほうが好みかな。
NMAXは少しズングリしててイマイチな面がありました。

色はやはりバイクは目立つことが安全に取って第一なので、白か黄色かなと思いました。
黄色は新色です。
白は好みにもあっているのですが、なにせ白は結構数が出ていてあちこちで走ってます。
黄色は新色だからあまり見かけない。
黄色は正直ちょっと派手だなーなんて思いましたが、今乗らないともうこんな色を選ぶこと
はないかもって思いまして、結局黄色に。

IMG_20170702_124321.jpg

IMG_20170702_124329.jpg

IMG_20170702_124254.jpg


いい色です、黄色いPCX !!

とりあえず、トップボックスをつけて試運転でGO.!!


関連記事
  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

hotspur

Author:hotspur
温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。
なるべく写真を多用しようと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR