FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。なるべく写真を多用しようと思います。

温泉とPCXとV-STROM250とスキーのある生活

国道299号線~ぶどう峠~高ボッチ高原

今回はまた似たようなルートですが、ソロツー報告です。

国道299号線は私のお気に入りのツーリングルートですが、今回は志賀坂峠からぶどう峠に抜け、その後、高ボッチ高原まで行ってみました。
高ボッチ高原は一部の方がには有名ですが、私は、最近まで知りませんでした。
地名に漢字とカタカナの入り交じったところなど、何か嘘みたいで実在の地名なんて思ってもいませんでした。

ゆるキャンというアニメで出てくるのですが、あくまでもアニメの中の架空の地名かと思っていました。

アニメではとても景色の良いところだという風に描かれていましたが、実際、行ってみて、「なるほど~」と思いました。

まずは、コースの全体図を。

高ボッチ高原コース全体

国道299号線のぶどう峠に入るちょっと先に「川の駅」というのがありまして、まずはトイレ休憩を兼ねて寄ってみました。

IMG_20190914_093609_HDR.jpg


国道看板

この川の駅ですが、お客さんはほとんどおらず、閑散としていましたが、なんか、のんびりして非常に感じの良いところでした。

次回もきっとよるかな。

さて、川の駅で休憩したらいよいよぶどう峠に向かいます。

その前に一応志賀坂峠の写真を貼っておきます。
せっかく撮ったので。

志賀坂峠1


川の駅


自撮り自撮り

ちょっと、鏡に映る自撮り風に撮ってみましたが、うまくないですね。
もっと、アングルとか研究しておかなきゃ。

ぶどう峠24


ぶどう峠25


ぶどう峠23


ぶどう峠22

ぶどう峠の写真は毎回貼っているのでまぁ、とりあえずってことで。

諏訪湖諏訪湖

高ボッチ高原までは、最初にのせた全体コース図のとおり、ちょっと距離がありますので高速を利用。
諏訪湖SAにて休憩したときに諏訪湖の写真もちょっと撮ったのでこれも載せておきます。

この日はまだ、暑さが残っており、距離を走るとなんかぼーっとしてくることがあるので、休憩はこまめに取りました。

高ボッチ高原石碑石碑


高ボッチ高原牛看板


高ボッチ高原バイク1


高ボッチ高原バイク2


空2


空1

高ボッチ高原に入るには、上り坂かつ、細い道を9kmほど登らなくてはなりません。
車の仮名には面倒な道だと思いますね。

バイクだとすいすいですが。

高ボッチ高原はアニメで描かれていたとおりの場所でした。

広い空ときれいな空気。
なんか、のんびりとした気持ちになる場所です。

記念に高ぼっち高原の石碑で一枚二枚と記念撮影をしました。

ということで、今回のコースの記録はこんな程度で。

燃費報告は以下の通りです。

燃費高ボッチ高原


高速を通るとやっぱり燃費が落ちますね。

高速を通る前までは38km位は走っていたのですが。

高速をちょっと飛ばしすぎたのかな。

最後に、いつものrelive動画を貼り付けておきます。




高ボッチ高原の名前の由来をちょっと、調べてみました。
wikipediaによりますと、

「高ボッチ」という名称は、1910年(明治43年)に5万分1地形図を作成する際、測量士らが付けたものとされている。由来は定かではないが、以下のような説がある。

ダイダラボッチが休憩したとの伝承から。
巨大なもの、巨人という意味のアイヌ語から。
凹地(くぼち、窪地)から。
山頂が栓、または蓋のつまみ、突起、あるいは帽子(いずれもボッチ、ポッチ、ボッチョといった異名をもつ)の形をしていることから。
ローマ字表記は "Takabocchi"、"Takabotchi" の2通りが見られる

また、歴史としては、
江戸時代までは採草地(草刈場)として利用されていた。岡谷側の横川村と、塩尻側の北熊井村との間では境界を巡ってしばしば紛争となった。草原はやがて牧場となり、概ね6月上旬から10月上旬までの期間にわたって30頭ほどの乳牛を放牧している。昭和の半ば頃になると北熊井側の有志が中心となって草競馬が開催され始めた。現在では塩尻市の呼びかけのもと、毎年8月に草競馬大会が催されている。競走馬からポニーまで、およそ100頭もの馬たちが草競馬場を駆け抜ける。

戦後間もない1951年(昭和26年)、警察予備隊の演習場が高原に設置され、草競馬場あたりから山頂に向かって実弾射撃訓練が行われた。崖の湯温泉から高原へと至る道路はこのとき拡幅され、沿道には営林署の小屋を転用した食糧倉庫の跡が残る。

かつては高ボッチ高原荘や高ボッチ山荘といった宿泊施設が存在したが、採算性(利用者数の減少や冬期閉鎖により通年営業が困難)や施設の老朽化、事故(高ボッチ高原荘は2000年1月に火災で焼失)といった問題から廃業している。

とのことです。

















関連記事
スポンサーサイト




  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 


« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hotspur

Author:hotspur
温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。
なるべく写真を多用しようと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR