FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。なるべく写真を多用しようと思います。

温泉とPCXとV-STROM250とスキーのある生活

富士川遡上(スプロケ15T,チェーン交換)ツーリング

フロントのスプロケットを14Tから15Tに交換するとともに、チェーンを交換しました。

そこで、試走をかねていつものツーリングコースに向かいました。
まずは、コースの全体図ですがこうなっています。
FireShot Capture 216-1


まあ、毎度のコースなので説明は必要ないかもしれませんが、国道134号線から国道1号線で箱根を越えて、一気にローソン興津中町店に向かいます。

大抵はここのローソンで休憩します。

そして、国道52号線を北上し、下部農村文化公園を経由して富士山の南側をぐるっと回ってくるコースです。

今回は、燃費の計測と、新しいスプロケットになれること、そしてチェーンの具合を確かめることが目的でした。
写真らしい写真は撮っていませんが、前回アップした記事の「ワーゲン!ワーゲン!フォルクスワーゲン!の動画はこのとき撮ったものです。

さて、スプロケットを14Tから15Tに変更した感想ですが、フロントスプロケットの歯の数が1枚増えただけなのでそれほど変化は無いのかなとも、当初は思っていましたが、乗り味がグンと変わりました。

非常に、変速がスムーズになったというか、ギアとギアのつながりが良くなりました。
14Tの純正のスプロケットだとトルク感が非常にあって、いつまでも変速して行けるような不思議な感覚がありましたが、それが少し落ち着きました。
といっっても、トルク感が無くなってしまった訳では無く、ちゃんと残っています。
極低速での取り扱いは14Tの方が若干扱いやすい感じがしますが、これは、「慣れ」の問題のような気もします。

全体的に同じスピードを出すための回転数が500回転ほど低くなり、高速での走行が楽になった気もします。
それから、今回購入したのは中国からの輸入したスプロケです。
V-STROM250の純正の14Tのスプロケットは異音防止のためゴムのリングが装着されているのですが、国内の例えばサンスター製のスプロケなどではこのゴムのリングがついておらず、少なからぬカシャカシャ音がするとのことでしたので、チャイナマート経由でV-STROM250用の15Tのスプロケを探して購入しておきました。

私が購入したときはまだ、国内で取り扱っている人がいなかったので仕方なく個人輸入したのですが、今ではamazonでも販売されています。


それほど数が無いようですのでほしい方は売り切れ前にどうぞ。


また、チェーンはこちらの製品にしたのですが、さびにくく、回転もスムーズかつ静かで気に入っています。



純正のチェーンはあまり良い品質ではないようで、さびやすいのが欠点でした。
使い勝手的に何が悪いのかと聞かれるとそれくらいで、あとは、特に問題は無いのですが、チェーンメンテが大変手間がかかり、やや閉口していましたので、この際スプロケを変更するタイミングで変えようと前々から購入していたものです。

ということで、燃費はこんな感じでした。
FireShot Capture 217

特段燃費が変わるわけでは無かったようです。

前回、同じようなコースを走ったときとそれほど変化はありませんでした。

最後に、RELIVE動画を貼り付けておきますので、参考にしていただければ幸いです。


関連記事
スポンサーサイト




  1. バイク・ツーリング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 


« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hotspur

Author:hotspur
温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。
なるべく写真を多用しようと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR