FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。なるべく写真を多用しようと思います。

温泉とPCXとV-STROM250とスキーのある生活

中国人の体験記の記事にしみじみ

先日、中国の記事を配信しているホームページに以下のような二つの記事をみつけました。
読んでいたらちょっと感動というか感慨を深く持ちましましたので、みなさんと共有したいと思い、ここに記載します。(一部省略して転載)

【記事その1】日本で働く中国人が反省、私が「割り込み乗車」をやめた理由―中国メディア
8日、東方財富網は、「あなたの日本人の印象を徹底的に変える」と題する記事のなかで、列に並ばない中国人が考えを改めることとなった日本の電車内での体験談を紹介した。
2014年2月8日、東方財富網は、「あなたの日本人の印象を徹底的に変える」と題する記事のなかで、列に並ばない中国人が考えを改めることとなった日本の電車内での体験談を紹介した。以下はその概要。

日本で仕事をしていると、1日中どこかが疲れている。その上、通勤の道のりも長い。地下鉄では何とかして座りたいと考え、私は中国人特有の賢さを発揮する。電車がホームにゆっくり入ってきたとき、目を凝らして車両をくまなく見渡す。空いている席を見つければ、降りる人がいようが乗る人が並んでいようが構うことなく、頭を低くして突っ込んでいく。車両に空いている席がありさえすれば、私は必ず座れた。
しかし、時間が経つと私は「無敵」であるが故の悲哀を感じた。私を遮る人や、私と競争する人に1度も出くわしたことがなかったからだ。私が突っ込んでいくと、降りようとする人は避け、乗ろうとして並んでいた人もとがめなかった……。正確にいえば、悲哀ではなく不安になったのだ。
あるとき、私は乗ろうとした車両に1つしか席が空いていないのを発見した。しかし、ホームは長蛇の列だ。ドアが開き、いつものように突入しようとしたところ、なんと、もう1人並ばないやつが現れた。その上、列の先頭に並んでいた乗客は動きもしない。ついに“ライバル”が現れたのだ!私は「遅れをとってなるものか」とばかりにすかさず突っ込んでいき、彼の動きが鈍いのに乗じて席を奪い取ることに成功した。
席についてふと顔を上げると、私ははっとした。その“ライバル”はなんと、足元のおぼつかない老人だったのだ。おそらく私の祖父くらいの年であろう老人は、震える手で吊り革をつかんでいた。車内のほかの乗客全員の視線を感じた。私はゆっくりと立ち上がると老人のもとへ行き、支えながら席に座らせた。老人は私に何度も礼を言ったが、私は逃げるように別の車両に移動した。それから私は、きちんと列に並んで乗車するようになった。

【記事その2】日本旅行で“素養”身に付けた中国人、帰国後「頭がおかしい」と思われる―中国ネットユーザー
7日、日本を旅行したある中国人が、帰国後、周りから奇異な目で見られた体験を、自身のブログにつづった。
2014年2月7日、日本を旅行したある中国人女性が、帰国後、周りから奇異な目で見られた体験を、自身のブログにつづった。以下はその概要。


メイドカフェのメッカと言われる秋葉原を訪れると、路上にたくさんのメイド姿の女の子がいた。それぞれのメイド服はみなデザインが違い、色鮮やかで目移りしてしまう。来る前に、自由に写真を撮っていいと聞いていたのだが、撮ろうとするとみな避けたり、顔を押さえたりした……残念。

夜の居酒屋は、ほとんどが仕事を終えたサラリーマンだった。私はこれを見て、以前聞いた話を思い出した。日本の男性は仕事が終わってもまっすぐ家に帰らない。もし仕事が終わって、まっすぐ家に帰ろうものなら、奥さんに「社交性がない」とバカにされる。だから、彼らは居酒屋で同僚と酒を飲み、千鳥足で帰宅する。これでこそ、奥さんは「できる男だ」と思うのだという。中国人の間で、「結婚するなら日本人女性」と言われる理由の1つはこれかもしれない。

中国で生活していると、信号はあって無いようなものだ。誰も気にしたりはせず、車が来ていなければ道を渡るし、来ていてもその間を縫うように渡る。しかし、ここでは違う。たとえ車が来ておらず、渡ろうとする道がどんなに狭くても、赤信号であれば渡る人はいない。これぞ素養というものだ。私ももちろんこれに倣った。
6日後、中国に戻った私は、交通量の少ない場所で日本にいたときと同じように信号待ちをしていた。すると、1人のおじいさんが私の目の前で、赤信号を無視して道を渡り始めた。おじいさんはしばらく進んで振り返ると、いぶかしげな顔で私を見た。おそらく、「頭がおかしい」と思ったのだろう。

この2つの記事を読んで、やはり環境ってすごく2国の国民性に影響を与えているんだなぁとしみじみ思うとともに、中国人も日本人も同じ人間だよ(あたりまえか)って強く思いました。
関連記事
スポンサーサイト




  1. 日記・つぶやき
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 


« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

hotspur

Author:hotspur
温泉にスキーにツーリングなど日々のひとり言などを書いています。
なるべく写真を多用しようと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR